“若い板前が自然と育つ環境”をつくるための百人。

百人の板前

百人の板前

個室で四季折々の日本料理を味わっていただく北大路。一つの店には10人前後の板前がいますから、全店で板前の総数は軽く100人を超えます。他の和食チェーン店から見れば「人件費もかかるし、育てるのも大変なのに、どうして」と思われているようですが、私たちからすれば、不思議でもなんでもないことです。

何より愛され続ける店でありたい。一度や二度でなく、何回でも通いたくなる店にしたいというのが私たちの願い。それには技術やモラルを身につけたプロの板前に働いてもらうしかありません。四季を彩る豊かな味わいの世界はたくさんのプロの板前がいなくては提供できないのです。

100人もの板前を抱える最も大切な理由。それは、一つの店に若手からベテランまでたくさんの先輩が配置でき、新人を育てていく環境が整えられること。包丁の手入れの仕方から調理の基礎や実践、接客まで、一人前になるにはたくさんのことを身につけなければなりませんが、そうしたことが自然と、早く身につけられる“板前が育ってしまう環境”が実現できるのです。

このページのトップへ