NEWS

飲食業界の縦社会を粉砕する業界初のキャリアパス 「アルバイト投票で決まる新店長総選挙制度」を、「個室居酒屋 番屋」でスタート!

2017.02.09 20:08

個室居酒屋 番屋」で"最高年収1,000万円の店長職"を、店舗の全アルバイトスタッフ、本社の全社員の投票によって新しい店長を選抜する"店長選抜選挙"を2月1日(水)よりスタート致しました。

現役マネージャーが候補対象となり、顧客満足度の高いサービス提供のため、平均約12年かかる店長への昇格を、大幅なショートカットが可能になりました。

勤続年数を問わず店長選抜選挙に立候補できることから、約10年のキャリア短縮ができる可能性があります。

アルバイトスタッフも投票するため、「上司をアルバイトが決める」業界初の画期的な試みです。※当社調べ

コンセプトは、飲食業界で顕著な「縦社会制度(トップダウン)の破壊」年収1,000万円へのキャリアパスが目的です。

"縦社会"と言われることの多い飲食業界の慣習を他社に先がけて打ち破り、飲食業界のイメージを大きく変えていきます。

                     【選挙告知ポスター】 
番屋新店長選抜総選挙ポスター.jpg
それぞれ過半数ともっとも多い得票を獲得したマネージャーに3月1日(水)付で店長の辞令を交付致します。

大東企業が展開する店舗の店長の最高年収は約1,000万円。
アルバイト・店舗スタッフ自身で新店長を選ぶことができ、働くスタッフの満足度(ES)向上も期待しています。


                        【投票風景】 
選挙ニュースコンテンツ画像2.png

【店長選抜選挙 実施概要】

「個室居酒屋 番屋」新店長選抜までのプロセス
1.全6店舗中、現5人のマネージャー職からの立候補を募集(2月1日(日)時点、5人立候補済み)
2.1月27日(金)までにマニフェストを「個室居酒屋 番屋」営業部長に提出
3.各店舗投票期間(2月1日 - 28日)、本社選挙管理委員が訪店
4.店舗集計開票(2月28日(火))、立候補者が所属する店舗の全スタッフのうち過半数以上の投票数を獲得した立候補者が決戦投票へ
5.決選投票(3月1日(水))、本社社員による投票
6.開票、本社選挙管理委員による開票で獲得投票数がもっとも多い立候補者を新店長として決定
7.新店長の発表、3月1日(水)付で店長の辞令を交付
当社では、3月1日(水)実施予定の開票風景の動画配信を当サイトで公開予定です。


運命の瞬間を待つ店長候補達が働く「個室居酒屋 番屋」はこちらから

←一覧に戻る

このページのトップへ