和食とモエ・エ・シャンドンの世界初おせちコラボを実現

2021.8.19

モエ・エ・シャンドン様とのコラボ

世界で1秒に1本開けられているシャンパーニュの王道モエ・エ・シャンドン様から

コラボの提案をいただいたことからコラボ企画が始まりました。

モエ・エ・シャンドン様がシャンパンとあう日本料理を試食する会にて、

北大路も参加させていただき、意気投合し北大路を選んでいただきました。

今までシャンパンと合う料理を出しておらず、

コラボイベント用に白ワインに合う日本料理を開発し、おせち販売に挑みました。

モエ・エ・シャンドン様が日本の料理とコラボするのは北大路が初めてで、

チャレンジとして相応しいコラボが実現しました。

北大路自慢の黒毛和牛のローストビーフやおせち定番の縁起の良い料理など

全22品を一つのおせちに組み込みました。

幅広いジャンルの料理と好相性なシャンパン「モエ アンペリアル」は、

贅をつくしたおせちとの相性も抜群でした。

「才巻エビ塩茹で」は才巻エビの甘さをより引き出し、

「アワビ蒸煮」はアワビの磯の風味と旨味をモエ アンペリアルのミネラル感が引き立てる。

ペアリングも堪能できるグルメなセットをご提供しました。

木箱もかなりこだわりました。

福井県鯖江市で生産される伝統工芸品である越前漆器を使いました。

桐の2段重箱に個別の漆器と杉の六角箸をセットした贅沢な弁当箱をご用意しました。

隅々までこだわった最高のおせちをご提供できたと感じております。

多くの日本料理店のなかで北大路が選ばれた理由

最初からモエ・エ・シャンドン様からお声をいただいたわけではなく、北大路の銀座本店にモエ・エ・シャンドンのブランド アンバサダーの方に来ていただいて、ワイン講習会が開かれました。

この後、正式にシャンパンと和食のマリアージュのコラボの提案をいただきました。
声をいただいたタイミングとして弊社ではおせち料理の開発を考えておりましたので、強みとしているお寿司や和牛ではなく、おせちでの商品開発を北大路からご提案しました。

北大路では仕出し弁当事業にも大変力を入れており、日本料理とモエ・エ・シャンドン様の掛け合わせに未来の可能性を感じました。

コラボ商品の料理開発の様子

コラボがスタートしたものの、正直モエ・エ・シャンドン様に北大路のおせちが合うとは思っておりませんでした。
初めての試みで、お互いの理解も薄かったので、担当者同士がお互いのこだわり、商品の特徴について理解し合うところから商品開発は始まりました。

せっかくやるならお酒も、料理も、弁当の箱も、箸までこだわりたい。

そんな思いで弁当の箱を作っている越前漆器様ともコラボをさせていただくことになりました。
こうして木の職人、和食の職人、シャンパン職人の3者のコラボが実現しました。

制作期間は異例の1ヶ月でした。
通常は6ヶ月ほど企画から商品化までかけるものですが、10月の販売に向けて9月から1ヶ月の開発期間で料理の開発を行いました。

手がけたのは北大路の新宿茶寮で調理長を務める神之村が開発を行いました。

8月にスタートし、9月に内容を固めて10月には撮影をし、パッケージとして販売を行いました。
すでに9月10月のタイミングで他社のおせちの予約は始まっており、商品発表は出遅れた形でのスタートとなりました。

北大路でこだわった内容としては、新型コロナウイルスが流行っている真っ最中でしたので、おせちといえば家族で取り合って食べるものですが、コロナ対策を十分に考慮し、とりわけのいらない進化板おせちを提案させていただきました。

コラボイベントでのお客様の反響

販売開始の初速は曖昧で魅力を多くのお客様に伝えられていなかったのですが、世界で最も影響力のあるファッション誌VOGUEに取り上げていただいたことで、急激にマーケットに広がりました。

販売個数は数量限定で80食ご用意しましたが、全て完売という結果でした。

商品開発をする上で大変だったこと

提案いただいた時期の兼ね合いもあり、短い期間での制作がとても大変でした。

何より、高級食材と珍味にこだわっている北大路なので素材集めには苦労しました。
急に食材を大量に購入する必要があり、国産岩手県産蝦夷鮑を短期間で大量は発注するのが大変でした。

ここで、鮑を外国産で代替はできませんし、国内産でも味がかなり異なります。

房総の伊勢海老を今回採用しました。こちらも大量発注をするにはあまりに大変な食材ですが、北大路が(30年)お世話になっている漁港からなんとか発送していただき食材の買い付けを行いました。

買い付けを普段から行っている、バイヤーの方であればご理解いただけるのですが、天然のフグや、新鮮な甘鯛を急に注文しても、なかなか直送してもらうことはできません。

すでにつながりのある漁港さんから、無茶な依頼を受けていただき、なんとか食材を集め形にできたおせちになります。

モエ・エ・シャンドン様と北大路のこれから

北大路の姉妹ブランドである完全個室の焼肉「きたお」では

いろんなワインを置いており、とてもワインにこだわっている背景があることから、

モエ・エ・シャンドン様のソムリエの方に気に入っていただき、

お店のオープンセールの際に モエ・エ・シャンドン様と

コラボレーションを行うなど精力的に連携を図っております。

また、記念日や顔合わせシーン等での

モエ・エ・シャンドン様のシャンパンが乾杯される機会が増えました。

お客様にも大変喜んでもらえて、とても嬉しく感じております。

「THE日本料理とモエ・エ・シャンドン」という世間的には浸透していない

新しい常識を作り出すきっかけになったと考えております。

さいごに

和食×モエ・エ・シャンドン!?と驚かれた方も多いでしょう。

板前が考案し、新しいおせちの形を日本料理界に提案し

「THE日本料理×モエ・エ・シャンドン」として世界初のコラボを実現しました。

今後の新しい日本料理の形を世界に発信していくブランドであり続けたいと考えております。

同じ思いを持った板前の方は、ぜひ一緒に北大路でチャレンジしていきましょう。

ご興味がある方は申し込みフォームにてご連絡ください。

pagetop

Copyright © DAITOHKIGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.